新生児からの抱っこ紐の注意点と口コミ!エルゴのオムニ360がお勧めの理由

2人目が生まれたため思い切ってエルゴの抱っこ紐のオムニ360を購入しました。
正式名称は「オムニ スリーシックスティ」ですね。
新生児から幼児までずっとこの1つを使い続ける事が可能ですよ。

実際に使ってみたメリットとデメリットを書いてみました。
口コミも集めてみましたよ。

どんな商品なのか分かり易く説明もしています。
使っていく上での注意点や価格に見合うだけの機能も豊富です。
分かり易くまとめてみました。

スポンサーリンク


車がなくバスで移動する主婦の生活環境

私は30歳の専業主婦です。
長女を妊娠してから仕事を辞めて家事に集中する毎日です。
4歳になったばかりの長女と1歳長男がいます。
結婚6年目の旦那と2人の子供との4人で暮らしています。

東京都内に住んでいますが、車は持っていません。
自宅は最寄駅から離れていて、長女が歩くのには少し大変です。

しかも坂道が多いのでバギーを押して歩くのは私としても大変な立地になっています。
そうなると出掛ける時はバスがメインとなります。

我が家の近隣には高くて品揃えが限られたスーパーしかないので、まとまった買い物をしたい時や子供の服を買いたい時には遠出することが必須でした。
ですが子供を連れての買い物は楽ではなく、段々と出掛ける機会が減ってしまっているのが悩みでした。

エルゴのOMNI360抱っこ紐を購入した理由

私が購入したのはエルゴのベビーキャリアのOMNI360(オムニ360)です。
2人目が産まれてから我が家の行動範囲は急に狭まってのが悩みでした。
オムニ360前向き抱っこ

オムニ360は「アダプトの機能性」と「360の快適性」の2つを持ち合わせています。
2つのメリットを兼ね備えた最上級のモデルです。

今までのエルゴシリーズのいい所取りをした最上級のモデルですね。
重さは約1.4kgです。

オムニ360エルゴ

子供が1人だった時は、バギーで出掛けていましたが今は1歳の赤ちゃんの席になっています。
そうなると4歳になったばかりでまだまだ甘えたい年齢のお姉ちゃんがクズって歩いてくれません。

旦那も一緒に出掛ける時であれば赤ちゃんを抱っこしてもらうこともできますが、以前に使っていた抱っこ紐は私のサイズに調整してある紐を旦那のサイズに変更するのはとても面倒でした。
旦那はそれだけで嫌になってしまい、結局赤ちゃんの抱っこは私の仕事になってしまいます。

そんな時に幼稚園で知り合った先輩ママから「エルゴベビーキャリア」を教えてもらいました。
そのママが使っているところを見て、すごく使いやすそうな印象を受けたので興味を持ってお店に観に行きました。
商品を触ってみたところ肌触りも良かったので購入を決めました。

  • 付属品なしで新生児から使用可能
  • 抱っこの方法は4通り(前向き、対面、横抱き、おんぶ)
  • 赤ちゃんの成長に合わせたサイズ調整が可能
  • 肩紐が分厚いクッションのため肩が楽
  • 腰をサポートするベルトが負担を軽減
  • 肩紐をクロスして装着できるため小柄な人にもフィット
  • 肩紐の調整が楽々

装着のやり方は動画を見ると分かりやすいです。
慣れれば簡単に装着できますよ。

OMNI360を使って良かった点

エルゴベビーキャリアの便利なところは、1つで抱っことおんぶの両方を簡単に使い分けることが出来る万能性です。

抱っこも色々なやり方をすることが出来ますので、お出掛けだけではなく、家の中や寝かしつけでも役に立っています。
エルゴ抱っこ方法

  • 対面抱っこ(1ヶ月から)
  • 前向きだっこ(5ヶ月から)
  • おんぶ(6ヶ月から)
  • 腰抱き(6ヶ月から)
前向き抱っこが出来るという部分が大きいですね。
赤ちゃんと一緒に同じ景色を見る事ができます。
色々な景色を見れるので赤ちゃんもご機嫌でグズりにくいというメリットもありますよ。

フィット感が良くて子供もすっぽりハマるために抱っこされていても大勢が楽なようです。
抱っこされている間はあまり暴れないですし、仮にご機嫌ナナメでも安定しているので落ちそうになることもなくて私の負担も少なかったです。

エルゴベビーキャリアの装置は腰と背中を留めるだけなので奪着が楽なところは大きいです。
長さの調整も難しいものではないので、不器用な旦那でも問題なく使えます。
おかげでお出掛けの時は旦那が抱っこ担当になってくれました。

しっかりと腰で安定させているので、あまり負担が掛からないのも魅力です。
肩にも赤ちゃんの体重が乗ってこないので、体力に自信がない私でも長時間使うことができます。

オムニ360の抱っこ紐は新生児から3歳まで成長に合わせて調整ができます。
そのおかげで付属品が不要なのです。

  • 股の幅の調整が出来て足の開きを快適に!
  • 赤ちゃんの体制がC型にピッタリとフィット
  • 足が自然なM字開脚になり理想的な股関節になる
  • 2段階調整可能なクッションが首を支えて首カックンを防ぐ

新生児の抱き方についての注意点

付属品無しで新生児を抱っこする事が可能です。
股関節が自然なM字型になっているかの確認も必要です。

高めの位置で抱いて常に赤ちゃんの顔が確認できるようにしましょう。
赤ちゃんとママとの距離もどれくらいとれば良いか迷いますよね。
動画での説明があるため参考にしてくださいね。

万が一赤ちゃんを落としても大丈夫なように柔らかい布団やベッドの上で練習しましょう。

エルゴの抱っこ紐のデメリットは蒸れやすい!?

エルゴベビーキャリアは「体にしっかりフィットする密着感」が魅力ですが、その分蒸れやすくなってしまうのがデメリットです。

夏はあっという間に汗でびっしょりになってしまいますし、他の季節でも暖かい日は危ないです。
ベビーカーと使い分けると温度差も大きくなってしまうので注意しないと子供も体調を崩してしまいます。

またエルゴベビーキャリアは耐久性があり、少し大きな子供でも使えるようにできています。
やや大きめの作りで、赤ちゃんの時には体がすっぽり入ってしまいます。
先々も使えると思っての購入だったので最初の頃は子供が埋もれてしまって息苦しそうに見えることもありました。
注意しておかないと急にグズりだしたりします。

お値段は3万円ほどするので高価です。
スリングだとかなり肩に負担がかかりましたがエルゴのオムニ360はスリングに比べて全然負担が少なくとても楽でした。

エルゴのオムニ360抱っこ紐は自信を持って勧めれる良品

エルゴベビーキャリアは万能抱っこバンドと呼んでいいくらい我が家では大活躍を見せています。
もしも誰かに赤ちゃんが生まれたら何を買えばいいかとと訊かれたら、私は絶対にエルゴベビーキャリアを薦めます。

エルゴベビーキャリアは抱っことおんぶの両方で使える点が大きいです。
状況に応じて簡単に使い分けができるので、持っておくと何かと便利です。
抱っこよりもおんぶの方が落ち着く子もいますので自分のお子さんに合わせて使ってあげてください。

頑丈なので大きくなってからも使えるのもポイントです。
歩けるようになった子でもいざとなれば抱っこしてしまえます。
雨の日のお出掛けなどバギーが使えない時も活躍しますのでご検討ください。

前向き抱っこを使う予定がないのであれば同じエルゴで価格が数千円やすい「アダプト」というシリーズもあります。
そちらも検討されると良いかなと思います。

エルゴのオムニ360への口コミ

いつも腕を使った抱っこをしていましたが負担が大きく家事もおろそかになってしまいました。
小柄な私に大きな抱っこ紐が合うか不安でしたし価格も高価なので躊躇っていましたが友人に勧められて購入!
ピッタリ装着できて腕や肩の負担もほとんどないので物凄くよかったです。

アダプトかオムニにするか悩み前向き抱っこがあるオムニに決めました。20kgまで対応していて長く使えるのが良いですよね。

圧倒的に肩と腰への負担が少ないと感じます。インサートがあるタイプは上手く出来なかったのでインサート無しで使えるオムニにしました。

腰のベルトが少し重く、更に止めるのが少し固くて少し大変です。それ以外は肩や腰への負担もほとんどないため快適です。

動画を見て練習したら簡単に装着できました。


エルゴベビー OMNI360 オムニ360クールエア  正規代理店2年保証 ウエストベルト+収納ポーチ+よだれパッド+ママ&ベビー両用カバー

エルゴの抱っこ紐はこちらも参考にして下さい
エルゴの抱っこ紐でおんぶはいつからした?種類や色で迷ったらアダプトクールエア!良い悪い点の評価と感想

エルゴの抱っこ紐で1番安い種類や選び方で迷う人も解決

エルゴよりは低価格でも評判が良い抱っこ紐
抱っこ紐はいつからいつまで使う?ベビージョルンとサブでエアリコを使った評価

新生児の赤ちゃんから使える抱っこ紐 アップリカのコランビッテの良い悪いの感想

新生児からいつまで使う?前向き抱っこやおんぶも出来るベビージョルンのベビーキャリア

簡単装着の抱っこ紐POLBAN(ポルバン)を使った感想 パパもママも兼用

コメント